20代は生命保険に入る必要はない!?まずは保険について考えよう!

保険見直し
スポンサーリンク

 

20代は就職や結婚など、ライフイベントが始まる年代です。

そんな中で、生命保険の外交員の方や、親・親戚などから「成人もしたし、社会人にもなったから生命保険ぐらいは入っておかないといけないよ!」と言われている方も居るでしょう。

しかし、この「生命保険ぐらい入っておかないといけないよ!」と言う言葉で、生命保険の必要性を感じると言う方は居ないでしょう。

それでも、なぜこのような事を言われるのか?そして20代には生命保険が必要なのか?という事を今回は解説していこうと思います。

20代に生命保険は必要ない!?

極端な話になりますが、20代は生命保険に過剰になる必要性はありません

就職をしたり、友達と遊んだり、恋人と過ごしたり、貯金をしたりなど、保険以外にもお金を使う機会が多い中で収入も多くない中で、なかなか保険に掛けるお金も苦しいでしょう。

保険はあくまでも、生活を豊かにするモノ、何かあった時の助けになるモノであり、日常生活の首を絞めるものではありません。

そのため、余裕があれば加入するくらいで良いのです。

そして、20代で加入するべき保険と言うのもが実はそんなにありません。

それは、20代で独身の方であれば、自分にもしもの事が起こった時に困るのは誰なのか?という事を考えれば良いのです。

保険は困る人がいるから加入するモノなのです。

スポンサーリンク

20代の考えられるリスクとは?

保険はリスクが無ければ加入する必要性を感じませんよね?

そこで、20代で考えられるリスクを少し考えていきましょう。

20代で考えられる大きなリスクは病気やケガとなりますが、どちらかと言うとケガのリスクの方が高いでしょう。

死亡や病気に関しては、まだまだ実感もなければ「死なないし、病気もしないよ!」と言うのがこの年代です。

しかし、ケガとなると話は別でしょう。

友達とアクティブに遊んだりする年代であり、金銭的にも学生の時よりも余裕が出ることで様々な遊びも覚えていくでしょう。

そんな中で、ケガをするリスクと言うのが一番イメージしやすいのではないでしょうか?

そのリスクに対する保険を考えれば良いのです。

20代に必要な保険は傷害保険と医療保険!?

冒頭で20代に保険は必要ない!と書きましたが、生命保険(特に死亡保険)は必要ありませんが、先ほどのリスクに関して少しでも思い当たる節があるな・・・と感じた場合には、傷害保険や医療保険に加入するようにしましょう。

ケガでの通院や入院に関しては傷害保険でカバーし、病気やケガでの入院には医療保険でカバーすることが出来ます。

この2つがあれば安心ですが、ケガでの入院であれば傷害保険だけで良いのではないか?と気づいた方も居るかもしれませんので、少し違いを解説します。

傷害保険と言うのは損害保険の分野になり、対象になるのがあくまでも「ケガ」です。

対象となる要件は「急激・外来・偶然」と言う3条件が必要となります。

「スポーツをしていて骨折した」と言うのは傷害保険の対象ですが、「スポーツをしていて熱中症になった」と言うのは傷害保険の対象外となります。

どちらも、可能性としては考えられますよね?そのため、傷害保険と医療保険があればどちらの場合にも対応できるのです。

また、医療保険には通院保障がない場合が多いので、ケガでの通院をカバーするためには傷害保険が必要になるのです。



20代におすすめの保険は?

20代に必要な保険に関して書きましたが、もう少し突っ込んでおすすめの保険について書いていきましょう。

医療保険

おすすめの医療保険は、終身医療保険全般となります。現在多く販売されている医療保険は基本的に一生涯の保障である終身医療保険となっていますので、どれを選んでも大きな間違いはありません。

そして保険料払込期間に関してですが、個人的には60歳または65歳払い済みにするのがベターではあると思います。考え方として定年後に保険料負担をしないための設定ですが、今後定年制度が無くなる可能性もありますので、一つの考え方と思っていてください。

もう一つの考え方は、保険料の払い込み期間を保障のある間ずっと払い続ける終身払いにする事です。

こうする事で、月々の保険料が安くなるメリットもありますが、保険料を払い続けると言うデメリットもあります。しかし、月々の保険料が安いという事は保険の見直しもしやすくなると言うメリットもあります。

また若い方であれば、支払った保険料が戻ってくる医療保険である「リターンシリーズ」を検討するのも良いと思います。保険料は高くなりますが、60歳や65歳の時にそれまで支払った保険料が返ってきますので、そのタイミングで保険の見直しをするチャンスが出来るのです。

詳しくは、リターンシリーズについて書いている記事がありますので、参考にしてみてください。

貯蓄を考える保険

20代の方であれば、病気やケガに対する保険も必要ですが、一番興味を抱くのは貯蓄代わりの保険ではありませんか?

「保険を使って貯蓄なんてできるの?」と思う方も多いでしょう。

しかし、生命保険を使って貯蓄をすると言うのは、すごく有効な貯蓄方法の一つと言えるのです。

金融機関に口座を作ってコツコツ貯蓄をしても、金利情勢が悪く金利も低い事から、お金が増えるという事はありませんよね?

しかし、保険を使う事によって、銀行に入れておくよりも有利にお金を増やせることが出来るのです。

老後の資金を作るのであれば「個人年金保険」や「低解約返戻金型終身保険」を活用し、結婚資金や少し先の未来のための貯蓄であれば、「低解約返戻金型終身保険」や「養老保険」など、活用できる保険商品は結構あるのです。

貯蓄に興味が有る方は、どんな方法があるのか?という事を保険ショップなどで相談してみるのも良いでしょう。

もちろん、この記事にコメントを頂ければ具体的な保険商品なども交えてお答えします。

まとめ

結論として、20代にも様々なリスクがあり保険は必要となりますが、決して過剰になる必要はありません。

あれも心配これも心配と言うのは大事な事ですが、収入と支出のバランスを見て、これぐらいに余裕があるな!と言うのであれば、保険に加入すれば良いと思います。

また、貯蓄がしたい!と言うのであれば、保険を使って貯蓄をすればいいし、やっぱりケガや病気が心配だ!と言うのであれば、傷害保険や医療保険に加入すれば良いですし、死亡した時に親に迷惑を掛けたくないから死亡保障も必要と考えるのであれば、死亡保険に加入すれば良いのです。

要は、自分にはどんなリスクがありどんな保障が必要なのか?という事を考える時期と言えるのです。

必要な保険は人それぞれ異なりますので、どれが正解と言うのはありませんが、自分が必要だと思った保険に入れるように保険の知識を付けられるようにしましょうね!!

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

医療保険
【こんな保険】太陽生命の無選択型医療保険「やさしい保険」を紹介!

  今回は、太陽生命の無選択型医療保険である「やさしい保険」を紹介していきます。 この保険 …

介護保険・認知症保険
【こんな保険】太陽生命の「ひまわり認知症予防保険(既成緩和)」を紹介

  『長生きをしたいけれど認知症のリスクは心配だ』  『健康状態に不安があって認知症への備 …

太陽生命
【こんな保険】太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を徹底解説します!

  『子供の将来の学費をどう工面するか困っている』 『子供が病気で入院してしまったらどうし …