40代は生命保険を断捨離しよう!必要な保障はどれかな?

保険見直し
スポンサーリンク

 

子供も言う事を聞かず、子育ても大変な時期になっていませんか?

40代は子育ても大変になり、子供も中学・高校・大学への進学を控え教育費に頭を悩ましている方も多いのではないでしょうか?

そんな40代の方にとって保険はどうしても後回しになりがちですが、お金に悩んでいるのであれば、保険を見直して節約するのも一つの手ですよ!!

保険も断捨離して、必要な物だけ残してスッキリしませんか?

40代は生命保険の断捨離に向いている?

「断捨離」と言う言葉を知っていますか?身の回りの物を整理して、片づけをしてスッキリすると言う意味で使われていますよね?

保険に関しても、断捨離をすれば必要な保障だけ残してスッキリできますよ!

生命保険をスッキリさせることが出来れば、良い節約にもなりますよね!

40代の方の加入している保険は、意外と保障がたっぷり付いた保険になっている可能性があるので、必要な保障だけを残してスッキリさせることが出来る可能性が高いのです。

それでは、どんな方が保険をスッキリさせることが出来るのかを解説していきましょう!

スポンサーリンク

40代は生命保険の2回目の更新をする人が多い!?

40代の方で、国内生命保険会社の商品に加入している方であれば、そろそろ生命保険の更新の案内が届いているよ!!と言う方も居るのではないでしょうか?

国内生命保険会社の商品の多くは、10年や15年の定期保険となっています。

よく言う「更新型の保険」と言う物です。

20代の時に、生命保険を販売している女性(生保レディ)から訳も分からず契約したと言う方も多いのではないでしょうか?

30代の時には保険料もあまり変わらないから、そのまま更新していたけれど、子供の教育費などお金にシビアになると、「更新後の保険料高くないか?」と感じる方も居るでしょう。

国内生命保険会社の生命保険は、徐々に保険料が高くなり、2回目の更新時期は40代の方が多く、保険料が一度グッと上がる時期でもあるのです。

保障を少なくすれば保険料は下がるから、「断舎利とはそういう事かな?」と思った方が居れば、それは違います!!

現状の生命保険の保障を減らして更新しても、また10年後や15年後には更新時期がやってきて、また保障を下げなければいけないと言う悪循環に陥ります。

まず、保険を根本的に見直してみましょ!!

新入社員時代に入った生命保険はこんな保険だった!!

40代の方の生命保険の多くは、国内生命保険会社のパッケージ商品である可能性が高いです。

それは国内生命保険会社の外交員(生保レディ)が、各会社のフロアに入って新入社員をターゲットに保険を販売していた全盛期でもあるからです。

40代の方に限らず、新入社員の頃、昼休みの度に生命保険の外交員の女性が訪ねてきたと言う経験をした方も多いのではないでしょうか?

時にはお菓子を持って来たり、時にはマグカップを持って来たり、プレゼント攻撃を受けたと言う方も少なくないでしょう。

今でもこのような営業方法をしていますが、セキュリティの面などもあり徐々に外交員が訪問できる企業も減ってきていますので、この経験をすると言う方も少なくはなっていると思います。

この様な営業方法で、パッケージ商品(定期付き終身保険)を「給与天引きだから!!」と言って販売していたのです。

そして、買う側はまだ社会人になったばかりで、保険の「ほ」の字も知らない若造です。

内容なんて解らずに、生命保険に加入しているから大丈夫!!と思っていたでしょう。

そんな若造が、結婚をして子供が出来て、子育てをして、保険の事を真剣に考えた時に、「あれ?」と思うのです。

「更新の度に保険料が上がっていないか?このまま更新を続けていくと60歳や70歳になった時の保険料はいくらになるのだ?」という事に気づくのです。

新入社員の時に加入した保険は、10万円程の死亡保障が一生涯あるだけで、病気やケガの保障は10年更新になっている、「更新型の保険」なのです。

そして更新の度に保険料が上がり、保険料を安くするために保障を下げたりすることで、結果として意味のなさない保険になる可能性が高い商品なのです。



生命保険の見直しは今からでも遅くない!

営業トークみたいな見出しになりましたね・・・・

しかし、国内生命保険会社の更新型の保険に加入していた方でも、今からでも見直しをするには遅くはありません!!

国内生命保険会社の更新型の商品で、2回目の更新をするのであれば、おおよその保険料は保障内容を変えていなければ月々1万円~1万5千円程の保険料になるのではないでしょうか?

因みにこの保険を次回の更新時50代で更新をすると保険料は倍以上に跳ね上がる可能性があります。

そこで、このタイミングで医療保険は医療保険、死亡保険は死亡保険、がん保険はがん保険と分けてしまうのです。

医療保険を終身保障にして20年間で支払と言う契約形態にしても保険料は1万円しない程度で収まります。また終身払いを選択する事で月々の保険料はさらに安くすることが出来ます。

死亡保険も必要な保障(収入保障と葬儀代などの2つ)に絞って必要な保障額のみにする。

がん保険は、内容にもよりますが入院や手術などオーソドックスながん保険でも月々の保険料は3,000円~4,000円程で収まります。

同じ1万円~1万5千円をかけるのであれば、一生涯保険料の上がらない内容にすることも出来るのです。

月々の保険料と保障内容と総支払保険料をしっかりと把握する事で、無駄な保険料を削減できるようになります。

細かな、プランニングは個人個人で変わりますので、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも良いかもしれませんね!!

このブログのコメント欄などに質問などを書いていただければ、相談にのることも可能です。

子供の学費も心配になってきた!!

子供の学費の心配も出てくる年代かもしれませんね・・・・

中学・高校と子供が進学するにつれて、入学金や授業料と言うのが現実的になり、これから大学の授業料も必要になるかもしれないと思うと、心配になる事でしょう。

子供が生まれたタイミングで、「学資保険に加入していた!」と言う方であれば、心配も少ないと思いますが、それもで「少し心配だよ・・・」と言う方には、これからでも間に合う可能性のある貯蓄型保険が実はあるのです。

オリックス生命の終身保険「RISE(ライズ)」と言う低解約返戻金型の終身保険があるのです。

この保険は、保険料払込期間中の解約返礼金を、それまで支払った保険料の70%程度に落とすことで保険料を安くする終身保険ですが、保険料払込期間を過ぎると解約返戻金がどんどん増えていく保険です。

解約返戻金型の終身保険は、いくつもありますが、なぜこの商品かと言うと、この保険は保険料払込期間10年と言う期間を設定可能なのです。

言ってしまえば、10年間解約せず保険料をしっかりと払えれば、11年後には支払った保険料より多い解約返戻金が受け取れるのです。

子供がまだ10歳に満たない場合には、大学入学時の入学金に充てるための備えとして間に合う可能性があるのです。

もし、大学入学時などに必要なければ、解約せずに持っておくだけで解約返戻金が増え続ける仕組みとなっているので、子供の結婚資金などに活用することも出来るのです。

こんなことも、実は出来るのです。



少し自分の事も考えてみる!?

「子育てや日常の生活で忙しく、自分の老後などの事を考える余裕なんてない!」と言う方も多いでしょう。

しかし、少しだけ自分の事も考えてみませんか?

50代になると子育ても一段落して、定年と言う物が近づき、老後の事を考え始める方が多くなりますが、その時に年金や退職金を計算して「あれ!?これだけの金額しかない・・・」と焦る方が実は多いです。

50代からでも間に合うのですが、40代から少しずつ準備をしていれば安心できますよね。

本当に少しずつで良いのです。個人年金保険や低解約終身保険などは保険料が高いな…と感じる方は、月々3,000円や5,000円から始められる積立商品なども有ります。

「塵も積もればなんとやら」です。

気が付いた時にまとまった金額になっていれば、そこからまた効率的に運用することも出来ます。

日ごろの生活費などが苦しくならない程度に、自分の将来に備えるのも大事ですよ!!

まとめ

40代の方は更新型と言われる、国内の生命保険会社の商品に加入している方が意外と多い年代と言えるかもしれません。

そして、2回目の更新時期が近づいてくる年代とも言えるでしょう。

保険に対して「あれ?」と感じた時が、保険を見直すチャンスなのです。

保障内容をしっかりと確認して、必要な保障を買い直す、要らない保険は断捨離するいいタイミングと言えるでしょう。

節約をするにしても、色々と節約する物も有るでしょう。

携帯電話や日ごろのライフライン(電気・ガス・水道)、交際費などなど。

入ってくるお金が決まっているのだから、出ていくお金は少なくしなければいけないと思う方が多いなかで、保険を断舎利すると言う方は意外と少ないです。

保険料って、月々で見るとそこまで大きく感じないかもしれませんが、相当な金額ですよ。

そして、それが無駄になっている事も充分に考えられますよ。

日ごろの生活を切り詰めるより、保険を見直す方が良い節約になるかもしれませんね!

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

医療保険
【こんな保険】太陽生命の無選択型医療保険「やさしい保険」を紹介!

  今回は、太陽生命の無選択型医療保険である「やさしい保険」を紹介していきます。 この保険 …

介護保険・認知症保険
【こんな保険】太陽生命の「ひまわり認知症予防保険(既成緩和)」を紹介

  『長生きをしたいけれど認知症のリスクは心配だ』  『健康状態に不安があって認知症への備 …

太陽生命
【こんな保険】太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を徹底解説します!

  『子供の将来の学費をどう工面するか困っている』 『子供が病気で入院してしまったらどうし …