学資保険ってどんな保険?とりあえず基本をマスターしよう!

定期保険
スポンサーリンク

 

子供のために学資保険へ加入しようかと考える方のために、学資保険の基本を今回は解説していきます。

近年では、どんな学資保険が人気なのか?どれがおすすめなのか?と言う情報を調べる前に、学資保険とはどんな保険なのか?と言う基本をしっかりと抑えておかないと、良い保険には出会えないでしょう。

この記事を読んで、まずは学資保険の基本をマスターしましょう!!

学資保険の基本

学資保険とは、基本的に子供の将来の学費を準備する保険です。

子供が育っていく上で、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学と多くのお子さんが進学していくでしょう。

しかし、進学するのにはどうしても「お金」が必要になりますよね?

そのお金を準備するのが学資保険なのです。

そして、学資保険には様々な学資年金(保険金)の給付タイミングの商品があり、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学のそれぞれの入学時や、大学の在学中から卒業までの間など、商品によって違いがあるのです。

これは、どのタイミングでお金が必要なのか?という所を把握して、自分がこのタイミングで「大きなお金が欲しいな」「あれば助かるな」という事を理解しておかなければ、折角加入しても助けにならない可能性もあるのです。

学資保険の基本は、子供の学費の準備をする保険であり、給付のタイミングも商品によって異なるという事です。

スポンサーリンク

学資保険との付き合い方は?

学資保険との付き合い方ですが、自分の考え方に合った学資保険へ加入すれば、良い付き合い方が出来ますよね?

自分の考え方に合った学資保険へ加入するには、基本的な学資保険の考え方を理解しておかなければいけません。

自分の考え方が学資保険の基本的な考え方と合致しているのか?という事です。

そこで、ここでは学資保険の基本的な考え方を紹介します。

学資保険の基本的な考え方には、3種類あると思ってください。

  • 小学校~大学までの入学時に学資年金を受け取る
  • 大学入学時にまとまった学資年金を一括で受け取る
  • 大学入学時と在学中に学資年金を受け取る

この3つの受け取り方法が主な商品内容になりますので、基本的な考え方と思ってもらって大丈夫です。

それぞれの考え方を解説しましょう。

小学校~大学までの入学時に学資年金を受け取る

小学校から大学までの入学時に給付金を受け取る考え方は、それぞれの入学時に必要な物・買い揃えないといけない物に学資年金を使うと言う考え方です。

小学校や中学校と言うのは、義務教育でもあるため教育費に関しては大きな心配はありませんが、制服や体操着など買い揃えないといけない物は結構あるために、その費用に充てようと言う考え方であればこのタイプの保険に加入するのが良いでしょう。

大学入学時にまとまった学資年金を一括で受け取る

大学入学時にまとまった学資年金を受け取るタイプが意外と多いタイプの保険です。

このタイプの考え方は、解りやすいですが大学入学時に掛かる費用(入学金や授業料など)に充てると言う考え方です。

大学入学時の費用と言うのが、子供に掛かる学費の中で一番お金の掛かる時期だという事です。

また、このタイプには高校卒業前に学資年金を受け取るタイプもありますが、そのタイプの場合であれば、大学の入試の費用などにも充てられると言う考え方が出来ます。

要は、大学に掛かる大きな費用に備えたいと言う考え方であれば、このタイプの保険に加入しましょう。

大学入学時と在学中に学資年金を受け取る

大学入学時と在学中に学資年金を受け取ると言うタイプもあります。

このタイプの考え方は、大学入学時の費用(入学金など)と各年次の授業料の足しにすると言う考え方で選ぶタイプとなります。

このタイプの保険で、入学金から授業料など大学で掛かる費用のすべてを賄うことは出来ませんが、大きなお金が必要な時に少しでもお金が受け取れると言うのは、経済的にもありがたいと考えられるでしょう。

そんな考え方をするのであれば、このタイプの保険を選ぶのがベストでしょう。

学資保険の主な受け取り方法と、その考え方を解説しました。

学資保険の基本で解説した事と少し重複する内容でしたが、この考え方は学資保険の基本と言えるので覚えておきましょう。

学資保険は貯蓄なの?

学資保険の考え方などを見ていると、「学資保険は貯蓄なの?」と思う方も多いのではないでしょうか?

学資保険の説明では、子供の将来の学費のために加入する保険だよ!と言う説明が多いので、貯蓄代わりだと思う方も多いと思いますが、ハッキリ言って貯蓄と考えても良いですが、正確には「目標を立て、その時に決まった金額を貰う保険」という事です。

そして、学費を準備するのに比較的有効な手段と言える物の一つと言うだけです。

そうは言っても、簡単に言うと将来の子どもの学費のための貯蓄代わりという事で、「貯蓄」と言う考えとあまり変わりはありません。

学資保険は本当に必要?

最後に、本当に学資保険は必要なのか?という事について少し解説していきます。

学資保険は、子供の将来の学費を準備する為の保険です。

そのため、学費などお金が掛かる時を見越して商品開発がされているので、学費に備えると言う面では特化した保険商品と言えるでしょう。

しかし、考え方として大学入学時にまとまったお金を準備したいと言う考え方であれば、学資保険が全てではなく、終身保険で準備をすると言う手段もあります。

そういった事も含めると、学資保険だけが選択肢ではないという事は言えるでしょう。

しかし、子供の学費を確実に準備するという事を考えると、必要な保険という事が言えるでしょう。

ただし、あくまでも個人的な意見であり、決めるのは学資保険を検討しているあなたです。

自分が必要だと思えば、しっかりと中身を吟味して決めるようにしましょう。

まとめ

学資保険の基本について解説しましたが、今回の記事は、あくまでも基本です。

学資保険もそうですが、何かを選んで買う場合には、それがどういった特徴がありどういった物なのか?という事をまず理解しなければ、買う事に躊躇するでしょう。

学資保険がいったいどんな保険なのか?どんな考え方なのか?自分に必要なのか?という所をまずはしっかりと考えて、納得した保険選びが出来るようになりましょう!!

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

医療保険
【こんな保険】太陽生命の無選択型医療保険「やさしい保険」を紹介!

  今回は、太陽生命の無選択型医療保険である「やさしい保険」を紹介していきます。 この保険 …

介護保険・認知症保険
【こんな保険】太陽生命の「ひまわり認知症予防保険(既成緩和)」を紹介

  『長生きをしたいけれど認知症のリスクは心配だ』  『健康状態に不安があって認知症への備 …

太陽生命
【こんな保険】太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を徹底解説します!

  『子供の将来の学費をどう工面するか困っている』 『子供が病気で入院してしまったらどうし …