【必見!!】がん保険は安さ重視で良い!?選び方のコツを解説します!!

がん保険
スポンサーリンク

「がんは万が一ではなく二分の一」某保険会社のCMのワンフレーズです。

生涯で「がん」に罹る確率は2人に1人と言われています。

そんな「がん」の治療に備えるための保険が「がん保険」です。

がん保険と一言で言っても、給付重視型や治療重視型など、近年ではその種類も多様化し、保険選びも難しくなりましたよね?

そこで、この記事では、がん保険の選び方のコツを解説しますので、保険選びのヒント視してみましょう。

がん保険の保険料は安い方が良い!?

最初の言っておきますが、保険料は安い方が良いとは言え保障内容はしっかりと確認しておきましょう。

安い保険料と言っても、保障内容がしっかりとしていると言うのが最低条件です。

この保障に関しては、後で書きますのでそちらも確認してください。

そして保険料は安い方が良いと言いましたが、根本的に安い保険と言う訳ではなく、自分が良いと思った保険を、出来るだけ月々の保険料を安く出来る契約方法で加入してくださいという事ですので、勘違いしないでくださいね。

がん保険の保険料を安くする理由とは!?

がん保険は、月々の保険料を出来るだけ安くしてください!!

それは、ここ10年ぐらいの医療技術の進歩とがん保険の保障内容の進化を考えると、これから「がん保険」はもっと進化する可能性があります。

今のがん保険が今の医療技術に適していたとしても、この保険が10年・15年先の医療技術に適しているかどうかは解りません。

そのため、新しく保障内容が良い「がん保険」が発売された場合に、保険を見直して加入をし直しやすいようにしておかなければいけません。

月々の保険料が高ければ、保険の見直しってしにくい上に、もったいなく感じてしまいますよね?

逆に月々の保険料が安ければ、少し「もったいないかな?」と思っても、保険の見直しのハードルはそこまで高くありませんよね?

それが、がん保険の保険料を安くしておく理由です。

がん保険は保険料と内容どちらを選ぶ?

がん保険の保険料は安い方が良いと言いましたが、がん保険を選ぶのに保険料と保障内容のどちらを重視した方が良いか気になる方も多いでしょう。

ハッキリ言うと、保険料より内容を重視した方が良いです。

少し話が矛盾していると思うでしょうが、先ほども書いたように安くても保障内容が悪ければ意味がありません。

保険なのですから、「がんになった時にどういった助けになるのか?」と言うのが最重要項目です。

一時金を多く貰うようにしたいのか、入院保障を充実させたいのか、抗がん剤治療などの治療に特化した保険が良いのか、人それぞれ考え方は違います。

そのため、当たり前ではありますが、保険料で選ぶのではなく、保障内容で選んだうえで月々の保険料を安くする方法を選びましょう。

スポンサーリンク

月々の保険料を安くする方法とは一体!?

さんざん、保険料は安くする方が良いと書きましたので、ここからは月々の保険料を安くする方法を書いていきます。

がん保険の加入に関して最大のポイントとも言えますので、しっかりとマスターしましょう!!

保険料を安くする方法には、いくつかのポイントがありますので、そのポイントを抑えていきましょう。

保険期間を決める!

保険料を決めるポイントの1つが保険期間です。

他の記事でも書いていますが、生命保険には「終身型」と「定期型」があり、基本的には定期型の方が終身型と比べて保険料は安くなります。

また、がん保険にも「終身型」と「定期型」の両方の保険がありますが、多くの方は「終身型」を選択します。

近年では「定期型」の、がん治療に特化した保険も多く販売されていますが、更新できる年齢を確認しておくようにしましょう。

更新型とも言われる定期型の保険は、最終更新年齢が決められている事が多く、80歳や85歳以降は契約を更新できなくなっている事がありますので、気を付けましょう。

また、がん保険で「終身型」を選択する方が多い理由としては、「がん」は高齢になってから掛かるリスクが高くなることで、保障は死ぬまである方が安心できるという事です。

保険料払込期間を決める!

保険料を決めるもう1つのポイントは、保険料の払い込み期間です。

そして、この保険料払込期間と言うのが、保険料を決める最大のポイントとも言えます。

保険料の払い込みには、10年間や60歳までという「有期型」と、保険期間中ずっと支払う「終身払い」と言う2つの方法があります。

主に終身保険では、「有期型」と「終身払い」の2つから選択する事になりますが、終身払いの方が有期型より保険料は安くなります。

この違いは、保障に掛かる金額を短期間で支払うか長期間かけて支払うかの違いです。

少し解りやすく言うと100万円の物を買った時に、5年かけて支払うか10年かけて支払うかで、1回に支払う金額は異なりますよね?それと同じことです。

保険料を安くするには、終身払いを選択すると保険料の払い込みは、解約しない限りは死ぬまで保険料を支払わないといけませんが、月々の保険料は安くすることが出来るのです。

がん保険のベストな契約方法とは!?

月々の保険料は安い方が良いと言う理由と、保険料を安くする方法を書きましたので、ここからは「がん保険」のベストな契約方法を解説していきましょう。

がん保険の契約は「保険期間:終身」「保険料払込期間:終身」と言う方法を選ぶことで、月々の保険料を安くすることが出来て、新しいがん保険が誕生すれば保険の見直しをして、新しい保険に加入し直すことがしやすくなります。

がん保険は、如何にフットワークを軽くするかという事です。

まとめ

がん保険の保険料について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

生命保険の考え方は人それぞれであり、どれが本当の正解という事はありません。

そのため、今回の記事の内容も完璧な答えと言う訳ではなく、あくまでも私個人の考え方であり一般論でもあります。

この記事を読んで、「私の考え方は違う!」と言う方も居ると思いますが、それはそれでいいのです!!

保険は、自分のために・家族のために掛ける物であり、もしもの時のために掛ける物です。

安心して生活を送れるようにするには、自分が納得した保険を選ばなければいけません。

その事は、大前提で覚えておいてください。

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

医療保険
【こんな保険】太陽生命の無選択型医療保険「やさしい保険」を紹介!

  今回は、太陽生命の無選択型医療保険である「やさしい保険」を紹介していきます。 この保険 …

介護保険・認知症保険
【こんな保険】太陽生命の「ひまわり認知症予防保険(既成緩和)」を紹介

  『長生きをしたいけれど認知症のリスクは心配だ』  『健康状態に不安があって認知症への備 …

太陽生命
【こんな保険】太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を徹底解説します!

  『子供の将来の学費をどう工面するか困っている』 『子供が病気で入院してしまったらどうし …