【実体験】元保険屋の私が通販型の自動車保険を選ぶ理由とは?

損害保険
スポンサーリンク

近年では珍しさもなくなり、自動車保険はインターネットなどを利用して申し込む通販型を選択すると言う方も増えているのではないでしょうか?

また、自動車保険の保険料を節約するために、保険料の安さが魅力的で通販型に切り替えようかと悩んでいる方も居るのではないでしょうか?

元保険代理店でもある私の自動車保険は、インターネットで申し込める通販型にしています。

なぜ、私が通販型を選ぶのか?という所を、今回は実体験も含めて解説していきます。

通販型を選ぶ一番の理由はやっぱり保険料の安さ!

通販型の保険にする理由は保険料ですが、代理店系と比べてどうなのか、そして私が通販型に知る理由と注意点も少し解説していきましょう。

保険料の差は数万円にもなる!?

インターネットや電話で、保険会社とダイレクトに契約を結ぶ通販型の自動車保険ですが、私が通販型を選ぶ一番の理由は、やっぱり保険料の安さです。

代理店を介して自動車保険に加入するのと比べると、数万円の差が出ることも有ります。

同じ補償内容なら保険料は安い方が良いでしょう。

必要な補償などを理解して、自分に必要な補償を選べるのであれば、保険料の安い通販型にする理由も分かるのではないでしょうか?

元代理店だからこそ通販型でも大丈夫?

私は元保険屋さんだったことも有り、自動車事故に関してそれなりに免疫があります。

自分が事故を起こした事もありますし、お客さんの事故処理も日常的に行っていました。

そんな経験があるため、一般の方に比べると事故を起こした時の対処方法が、ある程度分かります。

ましてや、事故処理を仕事でやっていたのですから、代理店を挟む必要性もさほど感じないのです。

そして、自動車保険に関しての知識もあるため、自動車保険に求めるのは事故の時に、相手方への補償さえしっかりとしてくれればいいという事だけを求めています。

そういった背景から、私は通販型の保険料の安い自動車保険にしているのです。

スポンサーリンク

普通の人が通販型の自動車保険にして困る事は?

私は元保険屋という事で、自動車事故に免疫が有る事から通販型でも良いと思っていますが、保険屋さんでもなく、自動車事故の経験もあまりない方にとっては、通販型の自動車保険に不安を抱くことになるでしょう。

そこで、ここからは普通の人が通販型にして困るであろうことを少し解説しましょう。

普通の人が通販型の自動車保険で不安に思うことは?

保険に詳しくなく、事故の経験もあまりない方にとっては、通販型の自動車保険に不安を抱くことも有るでしょう。

主に不安に思う事は以下のような事ではないでしょうか?

  • もしも事故を起こした場合にはどのような対応をしてくれるのか
  • 保険会社に直接連絡して事故状況をしっかりと説明できるだろうか
  • 相手方との交渉を含めて、事故処理はしっかりできるのだろうか

事故の時の対応に関しては、正直どこの保険会社でも同じです。

担当者次第で、契約者が受ける印象は全く異なります。

しかし、代理店を間に挟むことによって、代理店さんがワンクッションおいてくれるので、事故処理などの印象は良くなる傾向にあります。

また、事故相手への賠償などに関しては、しっかりとどこの保険会社もしますので、あまり心配する事もないでしょう。

事故の状況を説明する場合にも、顔を知っている代理店さんに話をするのと、顔も見たことの無い保険会社の社員と話しするのでは少し説明もし難いかもしれませんが、保険会社もお客様とのやり取りなので親切にしてくれると思いますが、これも担当者次第という事になるでしょう。

本当に困るのは小規模な事故の時!?

大きく困るのは、実は自動車事故の時と違い、自損事故など小規模な損害の時に困る可能性が有ります。

分かりやすく言えば、運転中の不注意で自動車を「擦ってしまった」「少し当ててしまった」と言う時に、自動車保険の車両保険を使うか使わないかの判断です。

多くの方は、自動車の損傷部分を直す際に保険を使おうか悩むと思います。

しかし、今の自動車保険は保険料を決める際に「等級」と「事故の有無」を使用します。

同じ12等級でも、「事故あり」「事故なし」では、割引率が異なり保険料が異なります。

そして、「事故あり」と言うレッテルは数年使用しなければいけなくなりますので、車両保険を使用する場合には、「事故あり」と「事故なし」での経過年数の差額と修理代を比較しなければいけなくなります。

そういた事も知らなければ、その時は得した気持でも長い目で見ると大きな損をしているという事もあるのです。

通販型であれば、保険会社の担当者にもよると思いますが、教えてくれない可能性が有ります。

しかし、代理店型の自動車保険であれば、代理店担当者がある程度の差額を計算して、車両保険を使った方が良いか、使わない方が良いかの判断をしてくれます。

そういった事も考えると、あまり自動車保険に詳しくなく、もしもの時に頼りにしたい人が必要であれば代理店系の自動車保険を選ぶ方が良いと私は思います。

ロードサービスなどの付加サービスに差は無い!?

自動車保険には基本的な補償だけではなく、事故や故障の時に役に立つロードサービスがあると思いますが、代理店系と通販系の両方でお世話になったことがあるのですが、どちらも大きな差はありません。

私の場合には両方ともにバッテリー上がってしまい、ロードサービスを呼んだのですが、どちらの場合にも30分前後で駆けつけてくれました。

これは、その時の状況(ロードサービスの込み具合)なども有りますので、一概にどうとは言えませんが、大きな差は無いと言えるのではないかと個人的には思っています。

また、レッカーサービスなどの距離制限なども大きな差は無いでしょう。

通販型の自動車保険は更新時に保険料が高くなる!?

通販型の自動車保険にして知った事ですが、通販型の自動車保険は更新時に保険料が高くなる傾向があります。

これは、保険料の改定や事故の有無での変化ではなく、通販型の自動車保険の多くは新規契約の割引を実施しているため、他社からの乗り換えや新たに保険契約をする場合には割引を行っているため保険料は安くなるのです。

しかし、更新時にはこの割引が無いために保険料が高くなってしまうのです。

そして、新規の割引率と更新時の割引率では、新規の割引率の方が高くなっている場合が多いため、更新すると保険料が高くなるのです。

そのため、私は毎年の更新ごとに保険料の比較をして保険会社を換えています。

保険料にこだわる場合は、更新毎に少し手間がかかるという事を覚悟しておいてください。

まとめ

通販型の自動車保険に加入をしようかと考えている方も多いかと思いますので、今回は私の実体験も含めてよりリアルな内容にしてみました。

最後に少しまとめてみましょう。

  • 保険料はやすいが、事故慣れしていない方にとっては少し不安
  • ロードサービスなどの付帯サービスは充実している
  • 新規契約時は良いけれど、更新時に保険料が上がる可能性が有る

大きくはこの3つがポイントとなるでしょう。

私の場合には、元保険屋であるという事もあり、保険料だけで自動車保険を選んでいますが、一般の方にとっては事故の時の事を少し考えて保険を選ぶようにしましょう。

事故を起こした時は、いくら事故慣れしていると言っても少し冷静さを失いパニックになる場合が多いです。

元保険屋さんの私でも、事故を起こすと少し焦る事はあります。

保険は事故を起こした時にどう役に立つのか、精神面も含めて保険会社とダイレクトにやり取りをする通販型でも良いのか、間に代理店さんを入れたいのかを考えるようにしましょう。

最後に私からアドバイスをするのであれば、金銭的に切迫していないのであれば、代理店型の保険をおすすめします。

しかし、身近に保険屋さんや保険に詳しい方がいるのであれば、通販型にするのも良いと思います。

要は、保険料の差は頼れる人が居るか居ないかの差と思っていてください。

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

保険の基礎
【保険の基礎】損害保険ってなに?元保険屋さんが基本から解りやすく丁寧に教えます!!

  損害保険の代表格と言えば、自動車保険や火災保険ですが、名前などは知っているけれど、詳し …

損害保険
【なぜ必要なの?】賃貸で部屋を借りる時に火災保険への加入が必要な訳を教えます!

  新生活を前にして、新しく部屋を借りて一人ぐらいを始めると言う方も多いのではないでしょう …

損害保険
【大雪で大変なことに!】火災保険で自宅などの補償は出来る!?

  降雪地以外で雪が降って積もると、子供は喜び遊びまわると思いますが、大人は大変ですよね! …